ひさびさに・・・。

2013-12-14

お昼前から、久しぶりに同僚ちゃんと遊んで来ました。
そのまま夜は職場の忘年会(大規模な結婚式規模の人数の・・・)だったので
半日以上遊んできました。

ニコルを迎えて、これだけ遊んできたのも珍しいかもー。
・・・と思ったけれど、別の友達と蒜山とか行っていたな。

美味しいランチ食べて
お喋りしつつ買い物して歩いて
またまた歩いて廻って
今度はお茶してケーキ食べて
更に歩いて廻って
今度は忘年会で食べて・・・。でした(笑

それなのに、体重が昨日と同じでキープしていたのはスゴイ。
充分過ぎるくらいに歩いたからなぁー。

明日はナビの命日。1周忌です。
週末で、ニコルと一緒に寝たまま迎えられるのは何より。

ずっと この1年
どんな気持ちでこの日を迎えるのだろう・・・と思っていたのですが
思ったより落ち着いて迎えることが出来そうです。

大手術!

2013-12-13

毎日、色々なネタ提供をしてくれたり
(忘れたころの室内マーキングだとか・・・)
週末の おでかけ写真が大量にあったり で
小さな日々のことを書いていませんでした。

いつになったら、この話を書けるかなー
と思いつつ、やっとUP出来ます。
(ネタ切れってことですね・笑)

ニコルの大好きな玩具。
お迎え直後からの、お友達 だった
「ブタさんの縫いぐるみ」

ナビの時に購入していて
ふわふわの触り心地に惚れ込んで
ナビ用の誕生日プレゼントに買ったものなのですが
ニコルも このブタさんが大好きで
ずーーーっと飽きずに使っていて。

あまりにも大好き過ぎて
もう、廃番になっている この商品。
あわてて同じものを追加で2個購入。
(ネットショップには、あと1個しか無い状態~)

玩具は、渡しっぱなしにするのではなく
「おもちゃカゴ」は、飼い主さんが管理するように
(本人の自由に取らせない・遊ばせない)
その方が飽きないそうです。
ただし、自分で自由に遊べるものを
2~3個は渡しっぱなしにしてOK・・・と言われているので

ブタさんと、タツノオトシゴ(黄色いやつ) を
ニコルの自由にしていて。
ケージの外に置いていますが、常に遊べる状態。
この2つがお気に入り過ぎて、他のものには飽きやすい(笑

取り上げて管理している方が 「飽きにくい」 はずなのに
なぜか、毎日渡している物の方が 執着が強い という^^;

で、タツノオトシゴも修復箇所が増えたので
廃番にならないうちに、スペアを買っておこう~~と
購入したショップへ行ったら、既に無く・・・。
同じシリーズ(海の生き物シリーズ?)で
似たような形状のもの・・・と、エビちゃんを購入。
なんだかザリガニっぽい気がするけれど
「ザリガニ取って来て」 じゃ味気ないので
「エビちゃん取って来て」 とルール決めしました^m^

DCIM1429イチバン上の薄汚れているのが初代ブタさん。

で、エビちゃんを買った頃と同時期に
初代ブタさんの笛が壊れて。
噛んでも噛んでも、ぴゅーっと鳴らない。
新しいものを買っているから、と
2代目ブタさんを出してやっても
「古いものがいい」 と譲らない。

ふかふかだったブタさん
何度も洗って、穴のあいた所を修復しているので
(ただ摘まんで手縫いで縫っているだけ)
触り心地もごわごわだし、薄汚れているし
それでもニコルには、これが良いみたい。

鳴らないブタさんを、せっせと床に押し付けて
音を鳴らそうと頑張っているのを見て・・・

決意しました。大手術。
しかも「開腹手術」です^m^

100均で、笛つき玩具(ペット用)を買ってきて。
あれこれ商品を触って、一番 音の良いものを選んで。
同じ商品でも、100均クオリティーなので
笛の質が違うんだよねー。それを選んで選んで(笑

100均側から笛部分を取り出して
ブタさんの壊れた笛と交換をして
開腹した部分をせっせと縫い合わせて完成~~。

初代ブタさん、無事に音が鳴るように完治しました^^v
まだまだ現役で頑張ってくれそうです。

 

ひとつ問題があって。

100均で買ってきた、犬用おもちゃ。
手術をする前に、ニコルに渡してみると
少し大きめの玩具だったのに、気に入ったみたいで遊び始めて。
ぴゅーぴゅーーと鳴らして お気に入り状態。

笛をとるために購入をしたので
ゼブラ柄の骨型玩具から笛を取り出し
当然、100均玩具には「笛なし」状態となったのですが
(切った部分は縫い合わせたけれど)
「ただの枕」みたいな物体になっても
まだまだ「鳴るもの」と思っているニコルは
その「枕」を鳴らそうと格闘している・・・。

あのね、その玩具は もう空っぽなんだよー。 と言っても
わからないよね^^;

100均商品だし、もう1個追加で買ってこようかな。(遊ぶ用)

ココロの中に。

2013-12-12

母から聞いた話~。

ニコルの散歩をしていたら
比較的ご近所・・・とは言っても
殆ど面識のない方(母から話を聞いていても
母も私も名字が出てこないくらいの^^;)
と、バッタリ出逢って

「連れている犬が違う(ナビじゃない)」
・・・というようなことで声を掛けられたようです。

母が、ナビは1年前になくなったこと
新しくニコルを迎えたこと
ニコルは未だ1歳も来ていないこと を説明したそうですが

そうやって、殆ど顔を合わさないのに
(名字を思い出せないくらいに・・・笑)
ちゃんとナビの事を覚えてくれている
1年ちかく逢わなかったのに~~~ というのも
凄いですよね。ありがたいねぇ。

大袈裟にいえば、その方の中で
ナビはずっと生きていたんだよね。
母に知らされるまでは。

ナビくん、すごいね!! ちゃんと覚えて貰っていたんだ~。
しかも「若かったよね?」って言われたんだって。
若く見えていたんだね^m^

ニコルも、人の記憶に残るような子に育てなきゃね!