タグ別アーカイブ: 思い出話

あの時期。

2018-11-14

11/14(水)

毎月、14日は「ナビと らむねの日」

4/14 がナビの「うちの子記念日」
6/14 が らむねの「誕生日」

ちなみに、15日は「ナビの月命日」(12/15)で
22日は、ナビの誕生日で(2/22)

24日は、ニコルの誕生日(1/24)と
らむねのうちの子記念日(9/24)で

30日は、ニコルの「うちの子記念日」(4/30) です。
毎月、【アニバーサリーデー】だらけ(笑

————————————–
先日、ニコらむもお世話になって
私も大変お世話になっている
フォトグラファーの acoさん(オノアキコ)さんの
最愛のパートナー、シューたんこと
マルチーズの「シュガーくん」が お空へと旅立ちました。

長い間、心臓の病気と戦い
ここ数ヶ月は腎臓と心臓、両方のバランスを見ながら・・・で過ごし
パパやママの愛情にたっぷり包まれて
14歳と2ヶ月の生涯を全うされました。

シューたん以外にも
ナビの時の親戚さんたちや
ナビが最初に疑われた病気と長い間戦っている子
色んな子が、現在も闘病中だったり
つい最近、虹の橋の手前に向けてお空へ渡った子もいます。

まだまだ若いと思っているニコルも、来年 年明け早々に6歳。
ナビを11歳半で失った私には
「6歳って折り返し地点・・・?」 みたいな感覚に襲われて
絶望的な思いをすることもあります。

ただ、ニコルの6歳も・らむねの2歳も
【将来を約束された年齢】ではなくて
ただの数値・数字でしかない というのを忘れてしまいがちで・・・

2ケタ保証されているなんて、どこにも明記されてないんですよね。
どこにも約束されていないんですよね。

どれだけニコルや、らむねが頑張れるかは
本人たちの免疫力・生命力
私の迅速なフォローにかかっているわけで・・・。

ここのところの、お友達の訃報だったり
頑張っている子の闘病報告だったりを聞いたり見たりしながら
目の前の子のことについて
色々と思いをはせるのでした・・・。

え~~~っと…。

2018-01-26

1/26(金)

昨日、家に帰ると
1枚のお葉書が届いておりまして・・・。
差出人は、ニコらむのフードなどでお世話になっている
某ペット用品を扱うショップさん。

1年に1度、お誕生日月の前月あたりに
割引券を兼ねた、バースデイカード(はがき)を送付してくれます。

昨年まで、ナビの登録のままで来ていて
なかなか「先代犬が亡くなりました」と声に出して言えず
4年越しでやっと レジのスタッフさんに伝えて
登録変更(ナビの情報削除と、ニコらむの登録)をお願いしたのです。

その話は、このあたりに。。。

で、今年の1月
年賀状もあらかた過ぎたころに
ニコルのバースデイカードが届いて
1月お誕生日のワンちゃんへ(→ニコル宛) で
「あぁ登録は変わったんだなぁ~~」 と
ちょっとしんみりしていたのですが・・・。

まさかの
【2月お誕生日のワンちゃんへ】(→ナビ宛)が届きました。

えーーーーーっと
1年前の私のドキドキの登録変更依頼はどうなった??

まぁ、ニコルの割引券も
どうしよっかな~~と思いながら未だ使ってないし
(フードストックがあるので、直近の買い物が無かった)

割引券の有効期限もあるので(誕生月の末まで)
1月(ニコル)2月(ナビ)6月(らむね)と
1年に3回も割引チケットが貰えると思えば、お得なのかな??^^;

それとも、ナビに何かお供えでも買ってあげなよ~って
ナビくんからの催促なのかな??

一瞬、えーーーーーっ(不満)・・・と思ったのですが
まぁ・・・ラッキーといえば、ラッキーってことで・・・。

回想。

2017-12-13

12/13(水)

ナビの命日(12/15)
5年前も、同じ金曜日でした。
すっかりそんなこと忘れていたんだけど

(父の忘年会の日で、私の忘年会前日
 …その年はキャンセルしたけど…というのは 未だに印象が強いんだけどなー。)

命日が近い、と意識しているからか
最近、その当時のナビのことを振り返り思い出すような
出来事が多く続いています。

ひとつは
言わずもがな知られた、有名チワワブロガーさんのところで
初代くんがお空へ旅立ち
後輩くんがひとり残り・・・
つい先日、新しいパピーをお迎えされたのですが

後輩くんがひとりになればなったで
新しい子を迎えればいいのに。 と言われ

その方の思うタイミングで出会った子を迎えれば
「もう次の子を迎えるなんて」と叩かれ・・・。
(結局何をしても気に入らない人はいるのでしょうが・・・)

それを言われるなら
ウチだって、12月にナビを送り出して
1月が終わる頃には、次の子を迎える段取りを始めて
2月には次の子のお願いに行って
(理想の子が産まれるまで幾らでも待つつもりだったので)
3月末には迎えている・・・という速さだよっっ!!!

喪が明けてるも何も
感傷に浸っている間が有ったのか?? というくらいの
スピード即決に見える早さだよ。

それでも、立ち直れないくらいにペットロスに陥って
ゴハンが食べられなくて、泣いてばかりで
ヒトとして、どうにもなりたたないくらいの日々から救ってくれたのは
「もう1度犬と暮らしたい」という思いだったよ。

犬と暮らすことの楽しさを知っている人が
また、仔犬と暮らすことを選んでくれた。

これがどれだけ明るい話題か
なんで喜んで受け入れられないのかなぁー。。。

・・・ということがあったので
ナビ~ニコルにシフトする時期を思い出したのと
(私にとっては「暗黒のペットロス期」だわな)

現役でまだまだ元気!
闘病中 って言葉さえ忘れちゃうくらいの子。

この子のママさんが
闘病中のことを振り返りブログをUPされているのですが
病院の先生から「余命宣告をされた日」という記事を書かれていて・・・
(本人今も元気です!!!)

前に、直接お話を伺っていたので
その頃の事、そこから回復したこと
かいつまんでだけど、教えて貰っていたのですが
「今、元気だ」と分かっていても
当時の事を改めて活字で読むとドキドキする・・・。

ナビに対して、かかりつけの先生が
「残念ですが、もう(治療を)何もすることが出来ません」
そういわれた日の事、その瞬間を思い出す。

大事な、自分の命を分けてさえ救いたい存在に対して
何もしてやることが出来ない というのは
本当に・・・あれ以上の絶望を味わったことが無いくらいで・・・。

だから、治療の方法がひとつでもある
何か、少しでも「してあげられることがある」というのは
本当に本当に幸せなことなのだと、今でも思うんですよ。

その、色々な気持ちを思い出した ここ数日でした。

ナビは、私にとって
「犬と暮らすよろこびを教えてくれた」 大事な功績を残した子です。

ニコルは
「ふたたび犬と暮らす楽しさを思い出させてくれた子」 です^^

どちらも別々の大切な命だし 比較なんて出来ない存在。
可愛い可愛い私の大事なこどもたちです。愛してるよ~~~。