月別アーカイブ: 2017年9月

ニコル:通院。

2017-09-30

9/30(土)のこと。

昨日も書いていた
ニコルの右前足の「しこり」を診てもらいに
朝から病院へ~。

この出来物・・・肘のあたりの1ヵ所を発見していたのは
1ヵ月くらい前かな?
ゴマ粒大も無いような、小さい水泡状でした。

あまりに小さすぎて
とりあえず様子見・・・と思って
そのまま忘れていたのです・・・^^;

9月の らむねの通院時に診てもらうチャンスがあったのに
らむねも「皮膚炎」の症状で
大きな括りで言えば、同じような症状なのに
すっかり抜け落ちていたのです・・・。

ナビの代から、犬と暮らし始めて 16年ほどになります。
その間、実生活で出会っていなくても
同県だったり、同じ犬種だったり・・・で繋がった犬友達さんは
色んな子がいて、色んな病気の子もいました。

その中に【肥満細胞腫】という病気と闘っていた子が 数名いて。
発見した時、はじめは「小さな出来物(イボ)」だったんですよね。
それを思い出して、急に怖くなり・・・。

調べなければいいものを
ついついネットで調べてしまって、更に不安になり・・・。

らむねの「かさぶた」は
割と明らかな「皮膚炎」状態で。
虫刺されに近い状態。いずれ枯れて小さくなるのが目に見えるというか。
様子見をしていても、変化が分かりやすくて。

ニコルのは、ぷくっと膨れていて張りがあって
中にコリコリした「しこり」がある状態。
で、1ヵ月ほどの間に大きさが少し大きくなっている。

ナビの時にも、背中に出来た「イボ」を見つけて診て貰い
その時は「見ただけ」で、良性の物 と判断され
医学書の参考写真を見せて貰いながら解説して貰ったのですが・・・
(体質的に、ナビはイボが出来やすい子でした)

そういう経緯もありつつ
病院へ行くべきか・・・放置出来るのか・・・ずいぶん悩んで。

金曜日に「翌日(土曜日)に病院へ行く!」と決めたのですが
いざ、分かりやすいように
前足にバリカンをかけていると・・・

なんと、出来物(イボ・しこり)が 2ヵ所ありました。

こちらが最初に気が付いた「肘」に近いあたり。
ヒトの親指と人差し指の間の「カエルの水かき」のような
皮膚の薄い部分に出来ています。
大きさ 2~3mmといったところ。

上と同じ箇所です。
以前、みつじ先生のドッグマッサージを習った時に
首(肩)のコリをほぐすのに、ここ(肘のあたり)をマッサージすると
ツボがあると聞いたことがあったので

肩マッサージのつもりで、肘を触っていて発見したのでした。
しこりに触れた感触は、犬のお乳(チワワサイズなので、小さいですが^^;)を
触ったくらいの感触。かなり小さいです。
乾いた米粒の大きさも無いくらいですから。

でも、固さはしっかり分かります。

もう1方。
バリカン掛けながら気が付いた箇所。

肘~手首の間で、内側にありました。
こちらは 2mmくらい。小さくて膨らみも薄い(平たい)です。

ニコルだけ病院へ連れて行って、先生に見せながら
「らむねの皮膚炎とタイプが違うと思うのですがー」と説明すると
確かに、皮膚炎では無さそう。

触った感触だと、2つとも同じようなものだと思われる。
上の写真の、肘あたりの方は大きさがあるので
注射針で細胞を採取できそうだけど

下の写真の方(大きさが小さくて薄い方) は
イボ自体の大きさも小さくて薄いし
出来ている場所も、注射針を挿したら反対側に貫通しそうな場所なので
細胞の採取が難しいだろう・・・と言われて

1ヵ所のみ、針生検をお願いすることに。
細胞を採取して、その場で顕微鏡で診て貰います。

麻酔も無く、手に針を刺すので(採血と似たようなもの)
ニコル・・・どうかなぁ・・・と思ったのですが
私が首辺りを保定して、看護士さんが後ろ足を抑えていると
暴れることもなく、淡々と採取されました。

で、顕微鏡診断の間・・・この間が怖くてねー。

看護士さんと、9月は やたら毎週末に通院した~という話をしながら
気を紛らわせていたのですが・・・

らむねの定期ワクチンに始まり(9/9)
その次は、らむね皮膚炎(かさぶた)2ヵ所で(9/16)
その翌日にトリミング出して、皮膚炎の話をしていたら
トリマーさんに皮膚の黒ずみを指摘していただいて、再度通院(9/18)

で、今回のニコル。。。

結果的に、どれも大したことが無かったけれど
どんだけ通っているんだ・・・と^^;
看護士さんは、それだけ細かく見ているから~と慰めて?くれましたが
心配性ですよね・・・きっと・・・。

まぁ、先生が診ても 見た目では判断が付かないんだから
来て良かったのよね。うんうん。

顕微鏡で診て頂いた結果は
「細胞のカス」だけが見えたそうです。
腫瘍化しているものは見えなかったようで、ホッと一安心・・・。

良性のものとはいえ、これからもう少し大きくなる可能性もあるそうで
薬が出るわけでもなく、処置も無し。放置可・・・だそうです。

検査料も エコーやレントゲンに比べると低価格で
(血液検査よりも安いかな?)
再診料+500円(+消費税)程度でした。

帰り道・・・運転をしながら
どれだけ「良かった~~」と呟き
どれだけ泣きそうになったことか・・・^^;

自分のがん検診のときもそうですが
こういう時だけ、ナビに頼っているので
ナビさんも呆れていると思われます・・・。

9/29: ごはん。

2017-09-29

最近、自分ダメだなぁ~~~と思うこと。

らむねの「かさぶた」も
様子見をしてから、病院へ行ったのですが・・・

9月、らむねワクチン、かさぶた通院
その後トリマーさんに見て貰った「黒い皮膚」が気になって
わざわざ休日診療・・・と 3度も通ったのですが・・・。

ニコルの前足(右手)に
出来物が出来ているのを、すっかり忘れていた・・・。

・・・というか、発見した時には
大して気になる大きさじゃなくて
(かなり小さな水泡状)
とりあえず様子見かなぁ~~~と思っていたのが

昨日マッサージをしていて再発見。
・・・うーん。なんだかちょっと大きくなっているかも??

これ、らむねの通院時に思い出していれば
ちゃんと診て貰えていたのに・・・。
何だか、こういう「抜け」が多いな。気を付けないと。

————————————-

写真は【やらせ写真】
本人たちだけなら、ここまでくっついて寝ませんー(笑
らむねが緊張しているのが面白い^m^


【こっち寄るなよぉ~~~ぺしぺし!】

少し前から、ちょっとだけトッピング的に「手作り食」
ナビの時は よく作っていましたが
ニコらむは、小さいうちはしっかり身体を作ろうと思って
フードメインで育てて来ました。

で、ニコルには「カロリーを制限する目的(ダイエット)」
らむねには「涙やけを治すために水分補給目的」で
それぞれに手作り食をトッピングしようと思って

2ヵ月ほど前から【寒天スープ】作ってました。
夜だけドライフードに掛けてやって。

棒寒天をお湯で溶かして
その中に、ペット用ふりかけ(noraさんのいわし100%粉)とか
その季節の野菜(キュウリ、オクラ、かぼちゃ、ニンジン、大根など)
鹿肉のドライフレークがあったので それを入れてみたり
粉おからを入れてみたり・・・色々と。

野菜は、ニコルがパテラ持ちなので
ナス科の野菜(ナス・ピーマン・トマト)は避けています。
ナス科の野菜は関節炎によくないと読んだことがあって。

で、1週間分くらいを作って小分けにして冷凍。
毎日冷凍庫→冷蔵庫に1日分を移して
夜にそれを「お湯割り」で食べさせる・・・というのを
寒天でしばらく続けていたのですが

冷凍庫に「生おから」発見。
寒天のストックが終わったら、今度は おからで作っています。

今週のゴハンは
おから、生鮭(刺身用のサクを少し)
白米(ティースプーン山盛り1杯くらい)、卵1コ
鹿肉フレーク少し(1週間分で スプーン1杯程度)
かぼちゃ、ニンジン葉、牛乳、すりゴマ ・・・かな?

先週はシャケの代わりに「鶏ひき肉」でした。

らむねの涙やけ、一時期 改善してたんだけど
最近、肉魚を入れ出したからか(タンパク質が多いのかも?)
また涙やけが出て来た気がする・・・。

ニコルは、体重に変化は無いんだけど
「痩せた?」と訊かれるので、締まったのかな??
その割に、メジャーで計測しても
【ほぼ変化なし】でしたが・・・^^;

元々、2匹とも食べさせるのに困らないので
(避妊・去勢手術を受けてから特に)
手作り食も無くていいのですが
ちゃんとダシ取らなくてもガツガツ食べるので
きっと何でもいいんだろうし・・・。

気の向くまま、もうちょっと続けてみようかな。

朝は、相変わらず
プレーンヨーグルト+牛乳少し をトッピングです。


【何見てんだよぉ~~~!】


らむね・・・・・・目隠し??^^;

結局、いつものように
兄ちゃんに一喝されておりました(笑

らむね優勢で、ニコルに乗っかっていることもありますが
やはり体格の差もあって、ニコルには敵わないのです・・・。

9/28:いろいろと。

2017-09-28

ぽつぽつと、10月 11月の予定を入れています^^

10月は、姪っ子ちゃんの運動会があったり
11月は、しっぽいちがあったり
その間にも、恒例の月イチのしつけ教室があって
土日どちらかでトリミングもあって
さらに、10月下旬~11月頃? に baby(ヒト)が増えて~♪
実は会社行事もあって・・・(土曜日に)

・・・と言っていたら、案外 空いている日が限られてくる・・・
先日も危うくダブルブッキングしそうになって
危ね~~~と思っていたら、そもそもの約束が延期となるという・・・^^;

もう、スケジュール管理が危うい。
あっという間に年を越しそうだ。

———————————————

ニコル。
最近 すぐにゴローンとお腹を見せます。
元々甘えん坊で ベッタリな子なんだけど
私が撫でようとすると、すぐにゴローン・・・・と腹見せ・・・
甘えてるのかな? 甘え足りないのかな??

お腹を見せている所へ らむねが来ると
ガウガウ言いながら慌てて起きています・・・。

らむね。
相変わらずの要領良しさん(笑

【ニコルがして貰えたことは、あたちもして貰える】 と思っているので
歯磨きをしても、次はあたち! と順番待ち。
ブラッシングをしても、次はあたち!

食卓の上を見せるのに、ニコルを抱っこしても
次はあたち! (ニコルを降ろすと、抱っこされるのを待つ体勢の らむね・・・)

ホント、よく行動を見ているというか・・・
【同じことを同じだけして貰いたい】 というのが
よーく分かります。

影でじーっとみて訴えるタイプじゃなくて
自分から「あたしも! あたしも!!!」 って言いに来るタイプ。
ストレス溜めないだろうなぁ・・・。

ニコルは、ちょっと天邪鬼なところもあるので
本当は甘えたいんだけど
それを、言える時と 遠慮する時があります。

ボクも!! ボクも!!! とか
ボクが先!!! って強く言える時と
思わず一歩引いてしまうというか・・・

本当は甘えたいんだけど
「おいで!」というと、逃げていく・・・という時も。

わ~~~い♪ って飛び込んでくる事もあるんだけど
思春期の男子みたいに「何すんだよっ!!」 って抵抗するみたいな(笑

その辺り、難しいと思う。
しっかり甘えさせてやりたいし
らむねに邪魔をされて
ニコルのストレス(隠れストレス?)を溜めないように~ って。

まぁ、近距離で2匹揃っていて
こんな感じで寝ているので
ほとんどの場合は大丈夫なんでしょうが・・・^^;

本当に緊迫していて、常に意識を張り巡らせていたなら
こんなにリラックスはしていないでしょうから・・・

(でも、添い寝出来るほど らむねに対して心を許していないニコル・・・)

この玩具。
もうすぐ4歳になる、姪っ子ちゃんが産まれたころに
母が作った「にぎにぎ」です。

赤ちゃん用の手作りおもちゃの本から作っていたようです。

それをニコルが気に入って長い間遊んで
(その頃は、未だもう少し綺麗な状態で遊んでいた)
その後、らむねを迎えた後で らむねのお気に入りに・・・

らーさんが遊びだすとガーゼ生地の耳がやぶれるわ・・・
(生地がほつれて糸がボーボーに出てくるくらいで・・・)
首(背中)も破れるわ、尻尾(リボン生地)食べられるわ・・・で
あちらこちらから、破れた切れ端の糸が出ていて
悲惨な状態でした・・・。

で、つい最近【補修工事】に。
フェルトの当て布をして、縫い縫い。
継ぎ接ぎだらけですが・・・まだまだ「お気に入り」のようです。

もうすぐ、第2子(baby)産まれたら
また次の「にぎにぎ」出来るのかしら??
で、また犬オモチャになるのかしら??^m^

耳も首も尻も・・・当て布だらけで
戦時中の「モンペ」か?! みたいな
貧乏感満載のオモチャです・・・。

週末寝で、一緒に寝る時に
たまに出る咳が気になる以外は
とっても元気なふたり。

一緒に寝ていない平日にも
実は咳が出ているのかな・・・と思うと心配もありますが
昼間は出ないのよねぇ・・・

水を飲んだら咳き込むことはあるけど
それ以外は別に・・・

木の棒(噛み噛み系オモチャ)噛んで
粉が気管に入って・・・というのはあるけど
これは正当な理由があるし。

相変わらず、チワプロもするし
テンションが上がり過ぎて走り回るのもあるし。
(単独で走り回る、または2匹揃って追いかけっこになる)

らむねの「かさぶた・出来物」も
前の2ヵ所の かさぶたが取れてからは
別に増えている様子も無さそう。

トリマーさんが気に掛けてくれた「皮膚の黒ずみ」
獣医さんからは「色素沈着?」と言われた部分も
広がっている様子は無さそうだし
痒がる・気にする様子も無い。

強いて言えば
先週、フロントラインをした直後くらいから
らむねが耳を痒がる・頭を振る様子がよく見られて
耳掃除をするほどでもなく、耳から匂いも無く
でも耳をやたら気にする・・・というので
炎症止めのイヤークリーナーを含ませたコットンで
軽くふきながら様子見。

少し治まって来たかな?

フロントラインをすると
体表に虫がつけないので
耳の方に逃げてるんじゃないかと思うと気になって^^;

9月は通院の多かった らむねさん。
10月からは、元気にがんばりましょう!!