3/29(日)
ニコらむ、今のメインのドライフードは
「フィッシュ4・スーペリア・ウェイトコントロール」

1.5kgの袋を1ヵ月では食べきれないので
(酸化・劣化をするので、開封後 1ヵ月内での消費が望ましい)
割高にはなるけれど、400gの小さな袋を買って
1週間くらいで食べきるようにしています。
本当は「1kg袋」があればベストなんだけどねー。

ただ、ここのところのコロナ騒動もあって
家に引きこもることがあるとすれば・・・という心配もあって
(在宅ワークが出来る仕事内容では無いので
・・・資料や設備の関係もあって職場じゃないと出来ない・持帰り出来ない仕事なので
まず在宅勤務にはならないと思う)

余分にフードを買っておこう・・・と
アーテミス・アガリクス・ローカロリー(小粒) の1kg袋も買いました。
チキンメインのフードなので、これからの暑くなる季節にどうかなぁ・・・
・・・という思いもありますが・・・。
(鶏肉は身体を温める作用があるので、身体に熱を持つ子には不向き)
お魚メインの1kg袋のあるフード・・・ちょっと調べようかな。

で、今週のごはん。
———————————————-
牛肉(薄切り・ロース)、シャケ(刺身用のサク少し)
ソバ半玉、セロリ、セリ、菜の花、青じそ
アスパラガス、長芋のすりおろし
———————————————-

以上です~~。
セロリ・セリ・青シソ・・・似たような香味野菜が多かったかもね・・・。

青シソは
・外からの冷えを追い出す
・気の巡りを良くする
・消化器の働きを正常にする
・胎児を安定させる
・魚介類の解毒作用

セリも同じでしたが、香りのある野菜は
火を通しすぎると効果が薄れるそうです。
まだまだ残っているから、刻んで生でもトッピングしようかなー。

アスパラは熱を冷ます効果があります。
万能選手の「うずらの卵(水煮)」も買い置きしてますよ~。

——————————————————-
うずらの卵は古来から3大滋養強壮食材に数えられるほど栄養豊富な食材。
補う力がとても強く、薬膳では栄養不良の時によく用いられます。

うずらの卵の薬膳的効能
・五臓を補う
・気血を補う
・消化器を健康にする
・筋骨を丈夫にする
・脳の機能を向上させる
・鎮静作用

こんな子におススメ
栄養不良、不眠傾向、内臓が弱りぎみ、健忘。
——————————————————-

私もうずら大好き!! お弁当にも入れよう~っと。

牛肉は私にしては珍しいかもしれません。
お肉を使う時には、豚肉が多かったからね。
(ほぼ魚ゴハンを作っていますし・・・)

——————————————————-
牛肉の薬膳的効能
・胃腸を補う
・元気を補う
・血を補う
・血の巡りを良くする
・筋骨を丈夫にする

こんな子におススメ
疲れやすい、貧血ぎみ、手術の後、産後、発育不良など。
——————————————————-

ニコらむの下の色が、1日の中でも変化をするのですが
時々白っぽいような気がしていて
「気の巡り・血の巡り」を気にしていたので、牛肉を入れてみました。

らむねのお里で購入をした「新酵素」を使い始めて、3週間ほど。
目に見えて体重が減った~~~・・・というところまでは来ていませんが
少し締まったような気がする???
らむねの「背骨」が分かりやすくなったような気がします。
(あばらは相変わらず分り難いけどね・・・)

ダイエット目的のサプリではなく、デトックス目的の商品なので
確かに「耳垢」は出やすかったのかも・・・。
他には今のところ、変化は分かりませんー。